合成水晶、合成シトリン、合成アメジスト

20商品

  • < 前
  • 次 >
20件 1-20表示
  • <
  • 1
  • >
20件 1-20表示
  • < 前
  • 次 >
◆「合成水晶」とは、人為的に製造した水晶のことです。 ◆加工方法は、「水熱法」です。 「水熱法」とは、「水晶を造るかま釜」の中で、約400℃ 1,000気圧の条件下で成長したものです。釜の下に天然の水晶(石英)を入れ、少し高温にして水晶の成分を溶かし出し、釜の上に水晶の種の結晶をつる吊して少し低温にして水晶を成長させます。水晶の成長は大変ゆっくりしていて、種結晶を入れてから取り出すまでに2〜4ヶ月かかります。 ◆「合成水晶」は化学的にも鉱物学的にも天然のものとほとんど変わらないものを工場で造ったものですので、品質、性能が天然のものと変わりがありません。 ◆合成水晶は、天然水晶に較べて純粋で不純物が少ないので、天然水晶よりも用途が広いです。 ◆合成水晶は、1905年に初めて製造され、20世紀の70年代に旧ソ連で合成シトリン、合成アメジストも製造されました。




 

天然石の名前カテゴリー

天然石特集

コンテンツ

            
  

営業日カレンダー(紫色は定休日)

2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

モバイルショップ