12月の誕生石「タンザナイト」の使える情報!!

【名前の歴史】

鉱物的には青色をしたゾイサイトであり、「ブルーゾイサイト」というのが正式名称です。

タンザナイトの名前は有名なアメリカの宝石商、ティファニーによってつけられた。

ティファニーでは宝石学上の名称「ブルーゾイサイト」が気にかかりました。

「ブルー スーサイド(自殺)」と聞こえてしまうからです。

それをネガティブに取られることを嫌ったティファニーはタンザニアで採掘される宝石という事で、タンザナイトと名付けました。

1968年10月のことでした。

ここからティファニーにより一大プロモーションが行われ、世界的に有名で、高価な宝石へとブランディングされていきました。

【産地】

タンザナイトはタンザニアのアル―シャ地区にあるメレラニ鉱山で発見されました。

地元のンドゥグ・ジュマンネ・ンゴマさんという人が偶然発見したという説が有力なようです。

また地元の探鉱者がルビーの鉱脈を探している際に偶然見つけたというのが始まりともいわれています。

どちらにしても今から52年前という宝石の歴史としては非常に若い「20世紀の宝石」と呼ばれる、非常に歴史の若い宝石です。


【タンザナイト12月誕生石秘話】

2002年にタンザナイトは宝石業界の公式誕生石リストに加わりました。

これによってタンザナイトは、ターコイズとジルコンと共に12月の誕生石になったのです。

1912年にリストが制定されてから変更されるのは初めてでした。(アメリカの本家本元)

ちなみに古くからのヨーロッパでは12月の誕生石といればルビーです。

それがなぜブルーのターコイズやジルコンに変わったのでしょうか?

アメリカの宝石業界では「冬の宝石は青色がいい」というちょっと独断と偏見??と宝石のブランディングの為に、「12月は青い石」というところから来たという説が有力です。

是非このような情報をお客様に共有いただき、12月の誕生石をどんどんお客様にご提案するお役に立てれば幸いです。

天然石直送市場ホームへ
タンザナイト商品ページへ



 

天然石の名前カテゴリー

天然石特集

コンテンツ

            
  

営業日カレンダー(紫色は定休日)

2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

モバイルショップ